土佐町で自分のお店をオープンしてみませんか?

「あこ」のおとなり、チャレンジショップ「ICO」(いこ)が新しいチャレンジャーを募集中!

「あこ」に拠点をおくわれわれSOMAとも色々しかけていきましょう!

【土佐町って?】

土佐町は、高知県北部・四国の真ん中にある人口約4000人の町です。標高1000メートルを超える山々、美しい棚田、そして四国の水がめ・早明浦ダム湖を有する、自然豊かなロケーションながら、高速道路・大豊インターへも約20分と四国内を移動しやすく、高知市や高知龍馬空港へ1時間弱、岡山へも1時間半弱とアクセスも良好です。

ここ数年は「教育で町おこし」をスローガンに、文化的にも多様な環境で子育てができる町として若い世代の移住者が増えています。

土佐町中学校3年生が総合的な学習の授業で作成した土佐町PR動画をご覧ください!

【チャレンジショップって?】

「チャレンジショップ」とは将来の新規開業を目指し,本格的な開業の前に一定期間試験的な開業ができる施設です。出店者は、低コストでチャレンジショップに出店し、消費者の反応を直接感じながら、経営ノウハウを習得し独立開業を目指します。

土佐町チャレンジショップ「ICO」は、飲食業チャレンジショップ(旧ハ菜館/現カドルカフェ)で、土佐町中心部の国道沿いに位置しています。固定費は家賃&光熱費込みの月額1万円のみ!チャレンジショップ開業からその後の独立開業時まで、親身になって相談に乗ってくれる相談役が町内に常駐しており、サポート体制も万全です。

さらにチャレンジショップ期間終了後、出店者が町内で独立開業する際には、町や県から最大410万円の補助を受けることができます。
【相談役・れいほく田舎暮らしネットワークって?】
NPO法人れいほく田舎暮らしネットワークは2007年の発足以来、嶺北地域3町1村の移住支援をしている団体で、昨年度より高知県と土佐町の委託を受け、チャレンジショップ事業の支援を始めました。

チャレンジショップ開業中から独立開業後まで、事業に関わる相談はもちろん、土佐町での暮らしにまつわるあれこれまで、土佐町で新規に事業を始めてみたい方を全面的にサポートしてくれる、頼もしい相談役です。
開業時期:平成31年1月から可能(開業開始時期は応相談)

●対象者
下記店舗において新規に飲食事業を営み、出店期間満了後も引き続き町内で事業展開を図ろうとする方。

●店舗所在地
高知県土佐郡土佐町田井1495ー1
(JA土佐れいほく)

●契約期間
契約日から最長1年間

●費用負担
月額1万円(家賃&水道光熱費)

●支援内容
経営全般について土佐町商工会などの支援が受けられます。

●移住を希望される方には、チャレンジショップ近辺で即入居可物件をご紹介します。

●申込受付期間:平成30年11月19日~平成30年12月25日

●申込方法
NPO法人れいほく田舎暮らしネットワークまで出店舗の事業計画案をご提出ください。

● 選考方法
①書類受理・受理確認と面接日時のお知らせ
②3週間以内に面接*

選考結果を文書にて送付

●選考スケジュール(予定)
平成30年
11月19日(月)~ 募集開始
12月25日(火)  募集締切
1月中旬      面接審査(詳細は応募者に通知します)

面接後1週間以内に選考結果通知(結果は応募者全員に書面にて通知します)

*面接会場は、れいほく田舎暮らしネットワーク事務所があります「土佐町おこぜハウス」です。
*遠方にお住まいの方で土佐町での面接が難しい方は、インターネットによる面接も可能です。

ご質問及び、詳細をお知りになりたい方は下記までお問い合わせ下さい。
〒781−3521高知県土佐郡土佐町田井1667
TEL 0887−72−9303
メール info@reihoku.in