苫野先生座談会開催によせて vol.1

「本質と存在の融合が最高度に実現されるのは、まさに愛を通してのみである。」

プラトン

 

5/19(土)教育哲学者の苫野一徳先生を講師にお招きし、

【座談会】「どのような教育がよい教育か」を開催しました。

tomano1.JPG

 

今回の座談会は二本立て、

まずは「恋愛×哲学」と題し、わたしたちにとっても身近なテーマから“哲学”というものについて考えました。

 

“恋をする”とはどういう事だろうか。“愛”とは一体なんだろうか。

 

 

古くは冒頭に挙げたプラトンの時代から、もっといえば、“愛”という言葉が発声されたその瞬間から、これは我々にとって重要なテーマであったに違いあるまい。

 

苫野先生曰く、恋とはロマンの投影であるという。

人は自と他との実際生活上の交渉を経て、自分が決して絶対者なぞではなく、あらゆる不条理と常に応接している存在なのだと認識する。

そうあればこそ、我々はそうでない世界への憧れを抱き、それぞれにとっての望まるべき生を渇望する。

結果、我々は我々の自己防衛手段として、“ロマン”の世界を描き出す。

 

 

そうして我々の描き出したその甘美な世界は、突如として我々の眼前に提示される。

具象化した美の似姿、その出現によって。

 

我々は竟(つい)に恋に落ちる。。。

 

IMG_3226.JPG

 

はて、では愛するとはどういう事であるか。

 

苫野先生はこういう風に述べている。

愛するという行為とは、“存在意味の合一と絶対分離的尊重の弁証法”である、と。

 

無論ここで言う弁証法(=アウフヘーベン)とは、哲学者ヘーゲルの言うそれである。

テーゼ(命題)とアンチテーゼ(対立命題)との相克、

その相矛盾する部分すらをも包摂しつつ、その本質へと“止揚”(しよう)させること。

ここではそういっておけば足りるだろう。

 

“(自己と他者の)存在意味の合一”と“(自己と他者との)絶対分離的尊重”

この相矛盾するテーゼを、一つの生の中で感(観)ずること。

 

成る程、愛するという行為は、確かにこういう複雑な観念の跳梁(ちょうりょう)によって営まれているのかもしれない。

故に、我々は時に苦しみ、時に、人間存在として至上の幸福を得る。

こういうわけである。

 

IMG_3223.JPG

 

「朝寝髪 われは梳らじ 愛しき 君が手枕 ふれてしものを」

引いたのは、有名な万葉歌である。無論後朝(きぬぎぬ)の切なさを詠ったものなのだが、ここに現れているものといえば、最早自と他との合一にはとどまらない。

男の手の触れたその髪の一本一本を想い、女はその愛に感じ入っている。

そしてそれは、もはや男の愛そのものでは無いことを直知している。

 

後朝の別れという我が国の文学史上に現れたこの美のかたちには、

恋という事、あるいは愛するという事の本質が現れてはいまいか。

 

アリストテレス曰く、恋とは狂気であるという。

その狂気を通じて、我々は美の本質に触ればやとする。或いは、美というものの持つその力によってそう動かされる事を強いられている(もっともそれは同じことだが)。

 

後朝の別れ。そこに残るものと言えば、その情感の機微なることと、ある男を待つ一人の女がいるというその事実それだけである。

 

思惟するところには、その本質めいたものが浮かび上がる。

だが、本質を観ずるのは我々自身であり、その思想を感得するのは我々自身の手によってでなければなににもなるまい。

 

髪を梳かすまいとする女の気持ちに打たれるところに、愛の本質はあるのだと思う。

尊重を言うまでもなく、我々はその事実として、分離(わかれ)ている。

 

それでも、その分離(わかれた)ものの、一つなることを願うもまた我々の愛に他ならぬではないか。

 

我々は定式化された法によって愛を知るのではない。

恋愛という事情について、男も女も明瞭な意識なぞは決してもってはいないだろう。それでいて何故に二人の邂逅する場所にはいつものっぴきならない確定した運動があるのか。

 

我々は我々自身の行為から問われている。

愛とは何かと。

 

 

文 岡田光輝